キヤノンEOS 5D MarkIV 注目の4K動画の実力とは?

98日に発売された、キヤノン EOS 5D MarkIVの主なスペックは、3040万画素CMOSセンサー、新映像エンジンDIGIC 6+での高速処理、常用ISO感度最高32000など、5D MarkⅢと比較して大幅に性能アップしています。


その中でも今回は注目の4K動画性能についてご紹介致します。


●まず4Kとは?をおさらいしてみましょう。

4Kは『4K UHDTV』と『DCI 4K』の二種類があり、『4K UHDTV』は横3840×縦2160で合計 約829万画素。

主にテレビ放送、テレビ受像機、ディスプレイでよく使われています。

一方、『DCI 4K』は横4096×縦2160で合計 約884万画素。主に映画、カメラでよく使われていて、EOS 5D MarkIVに搭載されている、EOSムービーはこちらの規格になります。

またEOS 5D MarkIV4K動画のフレームレートは30pFull HD時は60p)で、より滑らかな映像が期待出来ます。

●4Kの魅力とは

やはり高画質が一番に上げられます。

一般的なFull HD 1920×縦1080 合計 約207万画素と比較して約4倍の情報量を誇り、髪の毛の11本にいたるまで忠実に再現します。


●一眼4K動画の魅力


もちろんビデオカメラでも4K動画撮影は可能ですが、一眼4K動画は開放値の明るいEFレンズを使用でき、一眼カメラならではの背景をぼかした、まるで映画やコマーシャルのワンシーンのような映像になります。

ただしカメラ単体での最長撮影時間は2959秒の制約があり、こちらはビデオカメラに軍配があがります。

●4K動画の活用方法

高画質動画としての鑑賞はもちろんのこと、4Kなら静止画としての活用も期待できます。

4K動画の1フレームを約880万画素(4096×2160)の静止画として切り出し、JPEGでの保存ができます。

秒間 約30コマの静止画から、決定的な1枚が選べます。

●スタジオでの活用方法

本格的な動画撮影は大変だと諦めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは簡単な撮影からチャレンジしてみませんか?

七五三なら、お着替えやヘア・メイクの場面を撮影し、メイキングムービーにしたり、成人式なら、インタビュー形式で『20年後の自分に向けて』や『ご両親への感謝の気持ち』などの質問に答える流れで動画を撮影すると、納品時にご両親に大変喜ばれます。

写真では残せない音声が記録されるのも動画の魅力のひとつではないでしょうか。

今回ますます進化したE0S 5D MarkⅣの4K動画機能を活用し、スタジオでの撮影の魅力を発信していきましょう。


▼スタジオ写真館必見!EOS 5D MarkⅣについてキヤノンにインタビュー

(キヤノン) Canon EOS 5D MARK IV ボディ


株式会社ナニワ商会 中尾

株式会社ナニワ商会 中尾

卸事業部 岡山営業所 山口・沖縄県全域と岡山・広島・福岡県の一部が担当エリアです。 得意先様からの要望にはできるだけ迅速な対応を心掛けています。

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ