catch-img

好評なニコンZ50 特徴についてまとめてみました

今回は発売後好評なニコンのZ50についてご紹介させて頂きたいと思います。

BCNランキング(大手家電量販店やECサイトの販売データを集計したもの)で2週連続で首位になっており、現状としてはアマチュアの方が購入されていることが推測されますが、プロカメラマンの皆さんとしては業務用途で使える機種なのかが気になるところかと思います。

特徴についてまとめておりますので、最後までお付き合い頂ければ幸いです。


他のZシリーズ、主要機種との比較


Zシリーズ初のAPSサイズ、またお求めやすい価格から好調な売れ行きのようです。ただしプロの現場で使えるのか?

ということも皆さんとしては心配されていらっしゃるのではないでしょうか。

・・・というわけで比較対象になるであろうZシリーズと他の同等機種と比較してみました。


従来の一眼レフと比べるとかなりコンパクトかつ軽量に!


まずは同じZシリーズ(Z7は価格帯的にも比較対象にならないのでZ6)と一眼レフAPSの最上位機種であるD500、その次のD7500と比較してみました。

立ち位置としては金額面でもD7500に近い感じになるのでしょうか?



▲クリックで拡大

ミラーレスの特徴の一つである小型軽量化という点においてはD500、D7500と大きな差がありますね。また画像処理エンジンも新しくなっているのはメリットなのではないでしょうか。フォーカスポイントもメリットですね。

反してバッテリー持ちは一眼レフの方に圧倒的な優位性があります。予備バッテリー買えばいいか~と思う方には大した問題ではないのかもしれないのですが気にされる方はミラーレスへの乗換を躊躇されるかもしれません。


Z用のレンズも続々と発表されています!


ボディだけでなく、レンズも続々と発表されています。
11月にはZシリーズ用のDXフォーマットのレンズも発売されました。


NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR



DXフォーマット用の望遠レンズが発売となりました。

中望遠から望遠までカバーする使いまわしのできるレンズです。

ニッコールレンズの中で至上最高の5段の手ブレ補正、また望遠レンズでありながら広角側の最短撮影距離も0.5mまで寄れます。

またレンズ自体の重さは405gで一眼レフのDXフォーマットの望遠レンズと比較しても大差ないのですが、ボディ自体が軽いのでZ50と合わせても約850gです。


NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR



DXフォーマット用の標準ズームレンズです。

重さ135gと小型軽量でありながら4.5段の手ブレ補正、また35mm換算で
24-75mmをカバーし前述の50-250と組み合わせると24-375の広域をカバーできます。


 お得なレンズキットも発売されています!

Z50はボディ本体だけでなく、お買い得なレンズキットも発売されています。

当然ですが今後カメラメーカーは一眼レフ用のレンズよりもミラーレス用のレンズの開発にシフトしていくものだと思われます。

Z7とZ6にご予算やスペック等色々なご事情から手が出なかった方サブ機やミラーレスへの入門用としていかがでしょうか?


Z50 フォトルプロ商品ページはこちらからご覧ください!


デモ機のご要望などございましたら
こちらのお問合せフォームよりお気軽にお問合せ下さい!!


株式会社ナニワ商会 野崎

株式会社ナニワ商会 野崎

卸事業部 福岡営業所 入社7年目、ナニワ商会には当初、量販店担当で入社しました。 担当は、写真屋さん以外にも、量販店や官公庁など色々やっております。 お客様の問題解決ができるご提案をモットーに、日々営業活動に励んでおります。 趣味はスポーツ観戦(サッカー・野球・プロレス)。 名古屋生まれ福岡育ち、名古屋に3歳までしかいなかったのですが、なぜか中日ドラゴンズのファンです。

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは


記事ランキング

カテゴリ一覧

アーカイブ