Original

キヤノンの新レンズ「EF70-200」2機種を従来製品と比較してみました

今回は先日キヤノンから発表になった、「EF70-200mm F4L IS II USM」と「EF70-200mm F2.8L IS III USM」の新製品2機種について、従来製品から進化した点を中心にご紹介させていただきます。
どちらの機種も現役で使っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
今回のブログ内容が、お買換えのご参考になれば幸いです。


「EF70-200mm F4L IS II USM」の進化点

EF70-200mm F4L IS II USM
商品ページはこちら


手ブレ補正が3.5段から5段に向上

従来製品では難しかった室内や暗がりでの手持ち撮影が可能になりました。
また、手ブレ補正の作動音も軽減されており、静かな所での撮影や動画撮影時にも活躍できるレンズになりました。

最短撮影距離が1.2mから1mに

更に被写体に寄れるようになり、撮影の幅も広がるのではないでしょうか。
最短撮影距離が20cm短くなると下記の画像ぐらいの変化があります。
非常に大きな変更点といえます。

 
従来製品 最短1.2m


 
新製品 最短1.0m



ゴースト、フレアの軽減

従来製品には採用されていなかった、「スーパースペクトラコーティング」を採用し、ゴースト、フレアが軽減されています。
スーパースペクトラコーティングとは、キヤノン独自のコーティング技術で、反射光を除去し、透過率や耐久性を向上させ、紫外線もカットします。


防塵、防滴機能の向上

シーリング構造を採用し防塵、防滴機能が向上しています。
また、レンズの前玉と後玉両方にフッ素コーティングを施し、従来製品と比べると耐久性の面で飛躍的に進化しています。


「EF70-200mm F2.8L IS III USM」の進化点


商品ページはこちら


ASCコーティングを採用しフレア・ゴーストを軽減

新たにASCコーティングを採用しフレア・ゴーストが軽減されました。
ASCコーティングとは、上記のF4の時に触れたスーパースペクトラコーティングと斜めから入ってくる光に反射防止効果を持つSWCを組み合わせた、EFレンズの中で最上位のコーティング技術です。
一体どんなレンズに採用されているか気になったので、まとめてみました。

[スーパースペクトラコーティング採用レンズ一覧]

近年発売された高額なレンズにはある程度搭載されておりました。
今後上位クラスの後継品には搭載されてきそうな気がします。

フッ素コーティングによる耐久性の向上

新たにレンズの前玉、後玉にフッ素コーティングを施し耐久性が向上しています。


・・・ここまでご覧頂いた方、もうお気付きでしょうか?
そうなんです、「F2.8」の新製品は、従来製品と比較して進化した点はコーティング技術だけです。
ただ従来のものも、勝手な憶測ですが2010年3月発売でそれほど間が空いておらず
ユーザーの方々からの評価も高く、完成度の高いレンズだったため、あまりいじる必要がなかったということなのでしょうか・・・
スペックアップ盛りだくさんの「F4」と比べると、皆さん何となく買換えに躊躇してしまうかもしれません。


最後に

キヤノンの70-200新製品2機種のご紹介をさせて頂きました。
デモ機のご要望やご質問などございましたら、下記のお問い合わせフォームより
お申し込み下さい。

お気軽に!お問い合わせはこちら

株式会社ナニワ商会 野崎

株式会社ナニワ商会 野崎

卸事業部 福岡営業所 入社7年目、ナニワ商会には当初、量販店担当で入社しました。 担当は、写真屋さん以外にも、量販店や官公庁など色々やっております。 お客様の問題解決ができるご提案をモットーに、日々営業活動に励んでおります。 趣味はスポーツ観戦(サッカー・野球・プロレス)。 名古屋生まれ福岡育ち、名古屋に3歳までしかいなかったのですが、なぜか中日ドラゴンズのファンです。

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ