エプソン 新型クリスタリオ PPPS-3EW/PPPS-3Eの従来機種と比較したメリットとデメリット

エプソンプロフェッショナルフォトプリンティングシステム『クリスタリオ』が8年ぶりにフルモデルチェンジされ発売されます。

6月にパシフィコ横浜で開催された、PHOTO NEXTでのお披露目でも、来場者の熱い注目を集めていました。

ラインナップは、プリンターユニット1台の標準モデルと、大容量出力にも対応した2台セットモデルの 2機種です。

 

▼写真館専用プリントシステムCRYSTARIO(ナニワ商会卸事業部)

 

 

●PPPS-3E (1台モデル)

 

発売時期:2016年7月20日

標準価格(税別):438,000円

●PPPS-3EW (2台モデル 専用ラック付)

発売時期:2016年7月末 予定

標準価格(税別):658,000円

■従来機種からの変更点

消耗品の購入方法が変更

・課金システムでのご請求方式が無くなり、ペーパー・インク等の消耗品は買取り方式に変更になります。

クオリティの高い写真画質

・『Epson UltraChrome K3インク』の採用で、グレースケールの階調性や黒濃度が大幅に向上。  モノクロだけでなくカラーも鮮やかに表現されるようになっています。

ベースプリンターの変更

・従来機種はPX-6550/PX-5002でしたが新型クリスタリオはCS-PX3Vに変更になっており、オプションのロールペーパーユニットの仕様で、最大幅17インチX送り5Mの長尺プリントにも対応します。

ロールペーパーユニット装着時

■従来機種と比較したメリットとデメリット

【メリット】

安価なランニングコスト  

・A4サイズ換算 従来機種 200円、新機種 170円 (使用されるペーパーにより変動します)。

●メディアが自由に選べる   多種なペーパーが選択でき、キャンバス地でのプリントなど、ラインナップの幅が拡大します。

長尺プリントが可能   パノラマプリントや変形サイズのウエルカムボードの作成が可能になります。

 

【デメリット】

ヘッドクリーニング等のメンテナンスコストの負担

消耗品の在庫コストが発生

用紙セット枚数が少ない (従来機でカセット給紙タイプとの比較) 

保守費用が購入時に一括でかかる

・ プリンター1台モデルの場合、従来機では月々4,000円でしたが、新機種では購入時に5年間分を一括で211,000円かかります。  月換算では3,516円になります。   

メリットとデメリット双方ありますが、新機種の仕上り品質をみると、やはり魅力を感じました。

また、現在ラボヘ外注されている方も、内製プリントにより、コスト・時間ともに大幅に削減できます。

これを機に内製プリントを検討してみてはいかがでしょうか?

 

>> ミニラボに関するお問い合わせはこちら <<

>> エプソンのミニラボ資料ダウンロードはこちら <<

 

今回ご紹介した商品ページはこちら

フォトルプロ > 「(エプソン) EPSON クリスタリオ PPPS-3E/PPPS-3EW」

 

こちらの記事もオススメです!

▼ウエノ写真館が語るドライミニラボ「エプソンクリスタリオ」の実力と魅力

▼ミニラボ「銀塩機」から「ドライ機」への移行をお勧めするこれだけのメリット

株式会社ナニワ商会 中尾

株式会社ナニワ商会 中尾

卸事業部 岡山営業所 山口・沖縄県全域と岡山・広島・福岡県の一部が担当エリアです。 得意先様からの要望にはできるだけ迅速な対応を心掛けています。

写真材料や撮影機材のコストでお悩みではありませんか?

フォトルプロなら、
写真材料・機材を純正品からサードパーティまでプロ価格で取り揃えています。
さらに、2000法人の写真店・撮影業者との繋がりで得た業界情報も無料で配信中

あなたのフォトビジネスのコスト削減に貢献いたします!

写真業界の卸通販サイト「フォトルプロ」とは

最新の記事


記事ランキング(ウィークリー)

カテゴリー

タグ


アーカイブ